お知らせ

2019年3月8日

カタい頭をヤワラカく・・・(3月)

桃の節句も過ぎて、さすがに暖かさが心地よい日も増えてきました。いよいよ春ですね。

DyPMg7KVsAEmZsg

 

そんなうららかな春の日ざしに合うような問題を用意いたしました。

 

 答えはそのままでは見えないので、「  」の中の色を反転させてください。

 

マウスで始点(又は終点)にカーソルを移動し、マウスの左ボタンを押したまま動かすと、色が変わって見えるようになります。

 

次のカッコで練習してみましょう。

ほら、見えましたね?答えを見る前に、じっくりと考えてみてください。

 

早速、どうぞ。

 

問1 ナンシーには今年生まれた自分の子供がいるのだが、その子が生まれる直前と直後で、ナンシーのおなかの大きさはまったく変化がなかったという。いったいどうしてだろう。

 

 

答え「ナンシーは卵を産む動物だった。卵がすでに産み落とされている場合、卵から子が出てくる直前と直後で、親のおなかの大きさがまったく変わらないのは当然である。
ヘビやトカゲをペットとして飼っている人はすぐに発想できただろう。ナンシーは人間の名前という固定観念を、直観で破ることができただろうか。

 

 

問2 ことし百歳になる二人のおばあちゃん、テツさんとスズさんが、あるものを目の前にしてこんな会話をしている。
  テツ「これを押せば引くことになるんじゃね」
  スズ「そうそう、これを押したら引くことになるんじゃよ」
 いったい二人はどんなものを目の前にして、このような会話をかわしているのだろう。

 

 

答え「たとえば電卓の「 ―(マイナス) 」のボタン。これを押せば数を引くことになる。
「引く」という言葉はいろいろな意味がある。頭では分かっているつもりのことでも、すぐに浮かぶとはかぎらない。

 

 

問3 あるレストランでは不況のためか客足が鈍り、最近めっきり売り上げが落ちている。店長は大部分のメニューの値上げを検討していたが、切れ者で有名な副店長のミヤジさんは、逆にある種のメニューを半額にすることを提案した。ミヤジさんの言うとおりにしてみると、客数が増え、売り上げのほうもかなりアップしたという。さてどんなメニューを半額にすることを提案したのだろうか。

 

 

答え「たとえばお子様ランチなどの子供向けメニューを半額にしたのである。レストランに子供だけで来ることはまずなく、たいていは大人同伴である。子供向けのメニューを半額にすれば、つられて大人もやってくるという計算である。ただし大人のくせにお子様ランチなど頼んではダメだ。
これは実際にあった話にヒントを得て作った問題である。この問題がすぐ分かった人は、経営者としての才能があるといえよう。

 

 

問4 ある病気で手術をすることになった患者が、その手術を得意とする二人の医者を探しだした。過去の実績を調べてみるとA医師が成功率70パーセント、B医師が成功率65パーセントだったが、手術の成功を望んだ患者は迷わずB医師を選んだ。いったいどうしてだろう。その手術をこなした回数、費用や地理的な条件、医師の人間性などは両医師ともほとんど同じだったのだが。

 

 

答え「たとえばどちらも過去20回ずつその手術をしていたとして、A医師は1人目から14人目までは成功したのだが、その後の6人に失敗、一方、B医師は1人目から7人目までは失敗したのだが、8人目から残りの13人は成功していたとすれば、確率的には成功率が低くても、やはりB医師のほうを選びたくなるのが人情だ。
記録や統計や数字にまどわされず、数字の裏まで読むことができただろうか。

 

 

問5 次の記号はある規則に従って並んでいる。

(?)に入る記号は何だろうか?

 

  ○ ◎ ○ ◎ (?) ○

 

答え「○。

  ○  ◎  ○   ◎  (○)   ○

 1円 5円 10円 50円 100円 500円

 

問題文にある記号は、硬貨を示している。一重丸は、1円や10円などの、穴が開いていない硬貨。二重丸は、5円や50円などの、穴が開いている硬貨を意味している。それらの硬貨が、左から右に、1円から順に並んでいる。(?)は100円なので、穴が開いていない。なので、一重マルの「○」が正解となる。

 

 桜の便りはもう少し先ですが、温かい春の風を感じに外に出てはいかがですか。

2019年2月10日

「ビニール袋」をもらえますか。

 

Can I have a plastic bag?

    プらスティック バッグ

 

biniru

 

 

 

■ スーパーなどのレジ袋やゴミ袋をvinyl bagと言っても、ネイティブスピーカーにはけげんな顔をされることに…。vinylの発音は「ヴァイヌル」と難しいので、なおさら通じにくいはず。

実は、英語ではvinylは専門用語で、日常会話では、日本で広く「ビニール」と呼ぶものをplasticと表現するのが普通です。ビニールの靴やレインコートも、plastic shoes、plastic raincoatなどと呼ぶと覚えておくといいでしょう。

 

 

1_002002000006

 

 

A:  Can I have a plastic bag?  ビニール袋をもらえますか。

B:  Sure. Here you are.     もちろん。さあ、どうぞ。

2019年2月4日

コウテイペンギンは2か月間、足の上で卵を温め続ける

  雪の量はさほどではありませんが、厳しい寒さにはやられています。しかし、もっと厳しい寒さと戦っているヤツがいます。

 

それはコイツです。

3d33b3467c29fb8b9836cdc8e957b821--emperor-penguins-king-penguin

 

 コウテイペンギンは冬になると南極大陸の海岸から100㎞も歩き、マイナス60℃にもなる極寒の氷原で産卵します。

 

 卵を温めるのはオスの役目です。メスがうんだ卵をオスは足の上にのせますが、そこは冬の南極。うっかり卵を落とすと一瞬で凍ってしまいます。また、無事に卵を受け取っても、寒さに体をよせ合っているあいだに、はずみで卵を落としてしまうオスもめずらしくありません。

 

 こうしてオスは、メスが海で食べ物をとってくるまでの2か月間、何も食べず、寒さにたえて、じっと卵を温め続けるのです。

 

KingP_EYE_R

 

  名前 コウテイペンギン

 生息地 南極周辺の氷原

 大きさ 全長1.2m

  特徴 泳ぐのが得意で、水深500mまでもぐれる

2019年2月3日

カタい頭をヤワラカく・・・(2月)

立春とは申しましても、依然寒さも厳しく、春を実感できるのはまだまだ先のようです。

 

本格的な寒さにも負けないように、元気が出る問題を用意いたしました。

 

 答えはそのままでは見えないので、「  」の中の色を反転させてください。

 

マウスで始点(又は終点)にカーソルを移動し、マウスの左ボタンを押したまま動かすと、色が変わって見えるようになります。

 

次のカッコで練習してみましょう。

ほら、見えましたね?答えを見る前に、じっくりと考えてみてください。

 

早速、どうぞ。

 

問1 オンダさんが、ある占い師に、しばらく会っていない実家の両親のことを占ってもらったところ「二、三日のうちに、実家で何か妙なことが起きる」と言われた。なんだか心配になったオンダさんは次の日、実家に帰り、三泊ほどしたのだが、妙なことは何一つ起こらなかった。
ところが、帰るころになってそのことを両親に打ち明けると、両親は「そう言えば、たしかに妙なことがあった」という。両親が言っている妙なこととは、いったい何なのだろうか。

 

 

答え「しばらく会っていない子供(オンダさん自身)が、突然実家に帰ってきたこと。
問題文の中に答そのものが隠されているケース。思考を巡らす前に、じっくりと文章を吟味してほしい。 」

 

 

問2 小学一年生のショウコちゃんが今日見たものの説明をしている。
「それは、昼は見えないのに昼でも見えて、暗いのによく見えて、屋根があると見えないはずなのに、屋根がないと見えないんです。」
さて、ショウコちゃんは、いったい何のことを言っているのだろう。

 

 

答え「ショウコちゃんは、プラネタリウムの星のことを言っていたのだ。
ショウコちゃんは、まったく自分が見たままのことを言っているにすぎない。舌足らずな言葉を整理して、じっくり考えることができただろうか。「昼は見えない」「屋根があると見えない」というところが、大きなヒントになったはずだ。

 

 

問3 ある女性が初めて産んだ子供に、血のつながりのある兄弟がいるということはありうるだろうか。もちろん双子や三つ子のような多胎児ではなく、それ以前に、夫に子供がいるということもないのだが。

 

 

答え「ありうる。一夫多妻の認められた国で、何人かの妻が同時に出産した場合。
常識の網の目をくぐりぬけて、ありとあらゆるケースを考えてみてほしい。

 

 

問4 イシザキさんは、たまに仕事でビルの高層階に行くことがあるのだが、そのさいにはエレベーターも階段もほとんど使わないという。いったい、どういうわけなのだろう。

 

 

答え「イシザキさんは消防士だった。”仕事”でビルの高層階に行くときは、ハシゴ車を使うため、ビルに備え付けのエレベーターや階段を使うことはほとんどなかったのである。
ビルの外壁の清掃員を思い浮かべた人もいるかもしれないが、彼らも上るときはエレベーターや階段を使うだろう。

 

 

問5 もしかすると悩みはあるのかもしれないが、彼がビルから落ちていても、首を吊っていても、睡眠薬を大量に飲んだとしても、それは絶対に自殺ではないはずだ」と刑事は言う。彼とはいったい、どんな人物だろう。

 

 

答え「乳幼児。それなりに悩みはあるかもしれないが、自殺するような知識も体力もない。
自殺には、他人には計り知れないさまざまな要因が考えられるだろうが、少なくとも乳幼児の世界には、その本人を自殺へと駆り立てる要因は存在しないだろう。そもそも「死」の認識さえまだないはずだ。

 

 

大雪とのことくれぐれも雪の事故にはお気をつけくださいませ。

2019年1月11日

UIの中 のぞいてきました。(鯖江校編)

 

前回の武生校に引き続き、鯖江校を見にきました。

P1010699

 

 

UIゼミナール4校(福井本部、福井東、鯖江、武生)の中で、おそらく、いちばん入口を見つけにくいのが、ここ鯖江校ではないでしょうか?

 

 

P1010698

 

2階へといざなうこのさりげない表示をどうか見落とさないでくださいね。

 

 

P1010717

階段を上っていくと・・・

 

 

P1010718

教室へと続くドアが見えます。左端が「中等部」で、いちばん奥のドアが「高等部」への入口です。

 

 

P1010711

まずは、「中等部」に入ってみましょう。ドアに「第3教室」とあります。

初めて知りました(笑)。

 

 

P1010695

広~く見えますね。この教室がいっぱいになります。

鯖江校は生徒数が多いので、この教室だけでは足りないときは・・・・また後で紹介します。

 

 

P1010704

一度ホールに戻って、今度は「高等部」の教室に入りましょう。

 

 

P1010737

こじんまりとした、落ち着く広さの教室・・・

しかし、ここだけではありません。

 

 

P1010705

隣にも教室があるみたいですね。

ドアをくぐると・・・・

 

 

P1010694

 

普段はこちらの大きい教室で指導しています。

 

 

そうそう、鯖江校にも他の校舎にはないものがあります。

それは・・・

P1010735

ジャン!!といっても画像では何のことやら分かりづらいですね・・・

これは、床暖房のスイッチパネルです。床暖ですよっ、「ユカ☆ダン」!!

全米制覇できそうな言い方をしてみました(笑)

 

これからの季節はありがたみが半減しますが、冬は間違いなくいちばん暖かい教室です。幸せです。

 

 

 

P1010741

 もう1つ教室が残っています。

 

 

P1010702

この「第4教室」は・・・(こんな呼び方をしたのも今日が初めてですが・・・)

 

 

P1010738

短期講習などの一斉指導で使うことが多い教室ですが、机を並びかえて中等部の個別指導で使うこともあります。

 

 

P1010739

ちなみに、生徒目線ではこう見えます。

 

P1010740

 そして、指導員目線ではこう。・・・要ります?この角度・・・

まあ、参考までに・・・

 

 

 

P1010714

 「鯖江校」は他の校舎と比べても、新しくてきれいな印象でした。

 

 

 

自分の目で確かめてみてください。お気軽にどうぞ。

 

個別指導の体験学習も受け付けています。担当の「丹羽(にわ)」までいつでもお問い合わせください。

 

電話でのお問い合わせ  0120-30-8773

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

2019年1月8日

マグロは24時間泳ぎ続けないと窒息する

kasai04

 

 東京 豊洲市場で、年始恒例の「初競り」が行われました。記録の残る平成11年以降で最も高い3億3000万円余りで競り落とさたニュースは記憶にも新しいと思います。

 

eventid_12861_pic3

 私たちほ乳類は肺に空気を送って呼吸します。一方、多くの魚はえらぶたを閉じ開きして、えらに水を送り、水の中の酸素を体に取りこみます。

 ところがクロマグロはえらぶたを動かせません。そのかわりに口を開けたまま泳ぎ、口からえらに水を送って呼吸しているのです。同じ大きさの魚とくらべ、3倍近い速度で泳ぐかれらは、酸素の消費がはげしいため、えらぶたを動かすくらいでは呼吸が追いつかないのでしょう。

 しかし、そんな体のつくりのせいで、泳ぐのを止めてしまうと酸欠で死んでしまうのです。

 

large

 名前 クロマグロ

生息地 太平洋の熱帯域から温帯域にかけて

大きさ 全長2m

 特徴 まわりの水温より5~15℃体温が高い

2019年1月1日

カタい頭をヤワラカく・・・(1月)

大寒を間近にして、寒さがいよいよ本格化してきましたが、お風邪など召されてはいませんか。

凛とした冷たい空気に美しく輝く風花のような問題を用意いたしました。

 

img_7

 

 答えはそのままでは見えないので、「  」の中の色を反転させてください。

 

マウスで始点(又は終点)にカーソルを移動し、マウスの左ボタンを押したまま動かすと、色が変わって見えるようになります。

 

次のカッコで練習してみましょう。

ほら、見えましたね?答えを見る前に、じっくりと考えてみてください。

 

早速、どうぞ。

 

問1 日本語が乱れているといわれる昨今、あきらかにあやまりと思われる言葉をよく耳にする。ところで、次のうち日本語であきらかにあやまっていると思われるのはどれだろう?

   A っていうか、それってなんか変。
   B 赤ちゃんとかにミルクあげてね。
   C ミスりまして申し訳ありません。

 

 

答え「C。文字どおり、あやまって(謝って)いる。
「日本語の乱れ」について語られることが多い昨今、「日本語」、「乱れ」、「あやまり」とくれば三題話ではないが、街で飛び交う若者言葉や、メールで使われる独特の言いまわしが自動的に頭に浮かぶのではないか。そういった自動的な思考、すなわち常識からの脱却が、創造的なアイディアヘの第一歩であることは言うまでもない。

 

 

問2 ある高級レストランで食事をしたミヤハラさんは、食事中に気分が悪くなった。実は昨日も食事中に気分が悪くなったし、一昨日もそうだった。さらに、ミヤハラさんと同じような症状の人たちが他に何人もいた。このレストランは、味もサービスも超一流で、雰囲気を壊すような客が来ることもない。シェフは「食中毒なんてことは絶対にない」と言っているし、事実そんなことがあっても、ミヤハラさんを始め、誰もがこのレストランに毎日やって来る。いったいどういうわけなのだろう?

 

 

答え「そこは豪華客船のレストランだった。このところ天候が悪く、海が荒れ、気分が悪くなったという客は、皆船酔いをしていたのだ。
気分が悪くなったにもかかわらず、そのレストランに毎日足を運ぶのは、食事やサービス、あるいはミヤハラさんたちの体調に問題があるわけではなく、ほかに外的な要因があると推理できる。また、誰もが毎日やって来るのは、ほかに食事できる場所がないと考えられ、さらにそれが高級レストランであるという事実を考え合わせれば、正解にたどりつけるだろう。

 

 

問3 ある勝ち抜きクイズ番組に出演したヒラタさんは、決勝戦で最後の二人になったとき、相手の出した答を見て、なんとか自分の答が不正解であってほしいと祈っている。いったいどういうわけだろう? もちろんその番組には、答を間違えた方が有利というルールがあるわけではなく、優勝者へ与えられる賞品も、ヒラタさんが前から欲しくて欲しくてたまらないものであり、心の底から優勝を目指しているのだが。

 

 

答え「あと一問正解すれば優勝が決まってしまうライバルと、自分の答が同じだということがわかったから。ヒラタさんは、自分の書いた答が正解なら、優勝は相手にさらわれてしまうが、もし間違いであれば、まだ優勝のチャンスが残されると考えたのである。
ライバルにしてみれば、たとえ自分が間違っても、相手も間違えることになり、安心できる状況である。

 

 

問4 足の裏の部分にイラストのついた靴下を作っている人がいる。足の裏なんかにイラストがついていたのでは、はいているときに人の目につくこともなく、あまり意味がないのではないかと尋ねると、その人は決してそんなことはないという。 何か深い意味でもあるのだろうか。

 

 

答え「その靴下は、まだ歩き始める前の子供用の靴下だった。そのため、足の裏の部分が下になっていることは少ないし、はいはいをすれば上を向き、靴下のなかで最も目につく部分でもあるのだ。
クリスマスのプレゼントをもらうためというロマンチックな理由があったわけではなく、実用的なものだったのだ。実際に、子供が身近にいる人はすぐ分かっただろう。

 

 

問5 いまにも沈みそうな船の上で、どこにでもありふれているあるものを一生懸命に袋に入れている人がいる。特別高価なものでもないのだが、いったい何を入れているのだろう。

 

 

答え「船が沈みそうなので、浮き袋や救命胴衣に空気を入れていたのだ。
海底に沈んだままの、タイタニック号の船内にも莫大な貴金属が眠っているという。このような状況下では、目の前にいくら金銀財宝があっても、目に入らないということだろう。

 

 新たな気持ちで今年一年よろしくお願いします。

2018年12月7日

お知らせ

《UIゼミ短期講習》に2018年度の冬期講習の講座案内を更新しました。

短期講習ではレギュラーとなる『一斉ゼミ』に加え、人気の『個別特訓ゼミ』の2種類を準備しました。 目標達成のため、希望を叶えるため、一緒にこの冬、頑張っていきましょう。

 

ご不明な点やご相談がありましたら、お気軽にお問合せ下さい。【0120-30-8773 担当:丹羽(にわ)】

2018年12月1日

カタい頭をヤワラカく・・・(12月)

壁に掛けたカレンダーも最後の一枚となり、何か心急ぐ気分です。

何かと慌ただしい時期こそ、じっくりと考えられる問題を用意いたしました。

 

maxresdefault

 

 答えはそのままでは見えないので、「  」の中の色を反転させてください。

 

マウスで始点(又は終点)にカーソルを移動し、マウスの左ボタンを押したまま動かすと、色が変わって見えるようになります。

 

次のカッコで練習してみましょう。

ほら、見えましたね?答えを見る前に、じっくりと考えてみてください。

 

早速、どうぞ。

 

問1 顔も体つきもよく似た、柔道好きの双子がいる。二人は体重もほとんど同じなので、柔道大会に出場すると、いつも同じ体重別クラスに入ってしまう。そのため、二人が同じように強くても、つねにどちらか一方しか優勝できないことになるのだ。しかし、やはり柔道が得意なある双子の場合は、絶対にそのようなことは起きないという。いったいどういうわけだろう。

 

 

答え「その双子は男と女だったため、男子クラスと女子クラスのそれぞれで優勝できる可能性があるのだ。 」

 

 

問2 戦国時代、夜警にたっていた兵士が、翌日殿様に進言した。「私には幼い頃より予知能力があります。昨夜、近いうちに南から敵が攻めてくるという夢のお告げがありました。何とぞご用心を」とのことだったので、半信半疑ながらも、殿様は南側の守備兵を増強した。その夜、予言どおり敵が攻めてきたが、準備していたため簡単に撃退することができた。このことで、前記の兵士には褒美が与えられたが、同時にお叱りの言葉も受けることとなった。いったいなぜだろう?

 

 

答え「夜、夢を見たということは、夜警なのに眠っていたことになるから。
論理的に考えていけば、正解は難しくない問題だ。夢を見るには眠らなくてはならないが、眠ってしまえば夜警の勤めは果たせない。結果オーライとはいえ、殿様のお叱りも仕方がないと言える。

 

 

問3 ある画家がスケッチブックをじっと見つめた後につぶやいた。「背景の月と日を消したらある有名な都市になるんだが、どこの都市になるかわかるかね」。さて、いったいどこの都市になるのだろう?

 

 

答え「北京。「背景」という文字から月と日を消すと「北京」になる。
    背-月=北
    景-日=京
画家とスケッチブックという単語にミスリードされると正解にはたどり着けない。人間の思考は、そのときの状況や背景に影響を受けやすい。何が必要で何が不必要な情報かを、しっかりと見極めることが重要だ。

 

 

問4 ある会社で、課長あてに電話が入った。それを受けた部下は、課長は外出中であると答えて電話を切った。それを横で聞いていた当の課長は「その人は仕事上の大切な客なのに、なぜ外出中などと言ったのか」と文句を言ったが、部下が電話の内容を告げると、課長は感謝して、慌てて外に飛び出して行った。いったいどういうことなのだろう?

 

 

答え「課長は、その電話の相手と待ち合わせの約束をしていたが、すっかりそのことを忘れていた。相手は、時間になっても課長が姿を見せないので電話をかけてきたのだ。部下は「まだ、ここにいます」とは言えず「外出中(そちらに向かっている)」と告げたのである。
この部下のちょっとした機転により、この場は難を逃れたが、携帯電話の普及によって、このような言い逃れはできなくなってしまった。もし課長の携帯電話に直接電話がかかってきたとしたら、どうなることだろう。

 

 

問5 セオさんがある朝目覚めると、彼の眠っていた両わきに、体をくっつけるようにして二十歳前後の女性が二人眠っていた。まったく顔も名前も知らない女性たちだ。いつも女性にモテないことで悩んでいるセオさんなのだが。この朝のことを友人に話しても誰も驚かなかったという。いったいどうしてだろう?

 

 

答え「朝の通勤電車でのできごとだから。セオさんが朝、通勤電車で眠ってしまい、目を覚ますと両隣に座っていた女性も眠っていたというだけなのだ。
日常のヒトコマであるが、視点を変換するだけでたちまち怪しげな場面が現れる。通勤電車では、吊革につかまり、立ったまま眠っている人をよく見かけるが、これなども視点を変えれば、たちまちちがう世界が広がるだろう。

 

 忙しい年末ですが、体に気をつけてお過しください。

2018年11月23日

あの赤い「マフラー」を見せてもらえませんか。

 muffler

 

 Could you show me that red scarf?

               スカーふ

 

 

 たしかにmufflerには「マフラー」という意味もありますが、英語で一般的に使われるのはscarfのほう。

 特にアメリカでは、mufflerというと車の消音器を指すことが多いので、会話がかみ合わなくなってしまうでしょう。

 

ani

2018年11月15日

パンダが一日中食べ続けているササの葉にはじつはほとんど栄養がない

 

 上野動物園の人気者パンダですが、パンダについてどれくらい知っていますか?

 

panda

 

 パンダといえば、ササの葉ばかり食べているイメージがありますが、じつはササは栄養が少なく消化しづらい食べ物。

 

 もともとパンダはクマのなかまで雑食性のため、動物の肉や果物も食べられます。しかし、大昔にほかのクマなどにすむ場所を追われ、ササくらいしか生えない高山でくらさなくてはならなくなりました。つまりパンダは生存競争に負けた結果、消化の悪いササを1日かけて大量に食べるハメになったといえるのです。

 

 動物園では栄養のあるいろいろなえさをあげていますが、それでもササを食べてしまうのは、悲しい性といえます。

 

  名前 : ジャイアントパンダ

 生息地 : 中国南西部の山地

 大きさ : 体長1.2m

  特徴 : 手首にふたつある出っぱりを親指がわりにして

       ササをつかむ

2018年11月7日

UIの中を見学してみよう(武生校編)

P1010728

 

外から見ると「UIゼミナール武生校」の看板が目立つので、ここだなというのはすぐわかります。

 

が、入口らしきドアが建物の真ん中と左側に2つ見えますね。どっち?

 

 

 

 

P1010721

真ん中のドアを抜け、階段で2階に上がりましょう。

 

 

P1010720P1010733

 

階段を上り右側の入口へ。ドアの向うにグリーンのスリッパが見えています。

 

 

P1010723

教室です。先生や生徒がいないと広く見えますね(笑)。・・・見えない?

小学生や中学生がここで指導を受けます。

 

 

P1010724P1010725

 隣にも教室があります。教室を隔てたドアをくぐると高等部教室です。高校生はここで指導を受けています。

 

 

 

生徒たちは、普段、指導教室で過ごすことが多いですが、他にも部屋があります。

P1010734P1010726

階段を隔てた、向う側にも部屋があります。生徒たちはここで、自習をしたり、指導前に軽く食事をとったりします。

 

※左の画像に映り込んでいる白い背中もUIの生徒なら「いつもの光景だな」と思ってくれるでしょう。

 

 

そうそう、もう1つ教室が残っていました。外側から見たときに左側にもドアがあったのを覚えていますか?

P1010729

 

 

そのドアの向う側には、

P1010730

このような一斉指導用の教室があります。夏期講習などの短期講習で使います。

ひょっとすると、UIの生徒の中でも「へぇ~、こうなってんだぁ」と思った人がいるかもしれませんね。個別指導だとみる機会があまりないので・・・。

 

 

 

P1010727

 

こんなものも発見しました。ある意味で、他の教室にはない特徴の1つです。

教室の見回り兼そうじを担当しているかわいいヤツです。

ときどき、思いがけないところに引っかかってエラーになることもある子憎たら・・・いや、やっぱり、かわいいヤツということで・・・。

 

 

P1010732

ちなみに、夜の姿を。この景色こそ「普段の」UIゼミナールと言っていいかもしれませんね。

 

 

最後に、「お知らせ」らしきことも。

 

UIゼミナール武生校では、新学期生を募集しています。無料体験も随時受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。

メールでも受け付けています。

 

 

 

 

 

2018年11月1日

カタい頭をヤワラカく・・・(11月)

秋の行楽シーズンを迎え、名所は紅葉狩りの真っ盛りですね。

色彩あふれる紅葉の美しさに負けないような心弾む問題を用意いたしました。

 

hnBF4FRZ_400x400

 

 答えはそのままでは見えないので、「  」の中の色を反転させてください。

 

マウスで始点(又は終点)にカーソルを移動し、マウスの左ボタンを押したまま動かすと、色が変わって見えるようになります。

 

次のカッコで練習してみましょう。

ほら、見えましたね?答えを見る前に、じっくりと考えてみてください。

 

早速、どうぞ。

 

問1 高校三年生になるナオコさんは、昨日から姓が変わったのだという。両親の都合でもなく、もちろん本人が結婚したわけでも、養女になったわけでもないのだが、いったいどういうことなのだろう。

 

 

答え「ナオコさん本人が離婚した。
常識にとらわれず、どんなに馬鹿馬鹿しく思える発想でも、多少でも可能性があるなら追求してほしい。 

 

 

問2 その世界で五年、十年と経験を積み、どれほど腕が上がっても辞めなくてはならない仕事があるどいう。いったいどんな仕事なのだろうか。

 

 

答え「たとえばテレビタレントなどの子役。
世の中には、スポーツ選手など経験が必ずしもいちばん重要視されるわけではない職業が、多数存在する。もちろん元子役は、子役はできなくなっても役者として活躍できるだろうが。

 

 

問3 二人の人が妙な話をしている。

    A「どうですか?」     ’
    B「いや、とです。あなたはどうですか?」
    A「いや、ふです」
    B「どちらの?」
    A「あなたに近いほう」
 二人はいったい何の話をしているのだろうか。

 

 

答え「出身の都道府県の話をしていたのだ。漢字で書けば、「道ですか?」「いや、都です。あなたは道ですか?」「いや、府です」「どちらの?」「あなたに近いほう」となり、Aさんは京都府、Bさんは東京都出身であることがわかる。
実際の会話を聞けば、ニュアンスで誰もがわかることだろう。紙上の文字に直すことによって、このような奇妙な会話になってしまうのだ。

 

 

問4 フクナガさんは生まれつき几帳面な人で、自分の行動や行為を、分単位まで正確に記録している。ところが、この時間だけは正確に何時何分か、記録に自信が持てないというのだ。いったい、何をした時間だろう。

 

 

答え「眠りについた時間。
たとえ時計が目の前にあったとしても、分単位まで確認することは不可能だろう。もちろん自分が死ぬ瞬間というのも答としではありうるが、問題文からフクナガさん自身がまだ生きていることがわかるので、この場合は不可。

 

 

問5 医師、弁護士、政治家の中で、いつもピンピンの新しいお札を持っているのは?

 

 

答え「医師。新札(診察)がつきものだから。

 

 これからの季節、冷え込みが厳しくなりますのでお身体にお気をつけください。

2018年10月30日

ブートキャンプ第2弾!その名もリブート!

 

来たる11月11日(日)  UIゼミナール鯖江校にて開催

 

 

リブートチラシ

 

「一斉指導」でも「個別指導」でも選べるので、自分の現時点でのレベルや志望校に合わせることができます。

 

志望校合格という同じ目標をもった受験生が一つの場所に集まり、互いを刺激しながら、効率よく「知識」、「受験テクニック」、そして「栄養」を吸収するのが今回のミッションです!

 

詳しくは、上にある申込書にてご確認ください。

2018年10月13日

からだかてえかの?

突然ですが、どれだけ地元のことばを知っていますか?

基本に立ち戻って、ふるさとのことばのおべんきょうをしてみましょう。

おじいちゃん、おばあちゃんといっしょに住んでいる人なら楽勝かな?

 

 福井県は、大きく二つにわかれます。県の中央にある敦賀市の木ノ芽峠を境に、北を嶺北地方、南を嶺南地方と呼びます。

 この境がそのままことばの境界にもなっています。

 福井県のことばは、のんびりとした響きのあることばです。また、広く日本全体をみると、福井県は関西方言と北陸方言のぶつかりあうところです。

 

●越前市のタクシーでの会話から●

taxi

 「本社、どうぞ。」

 「はい、どうぞ。」

 「あのー、すんませんけどー中津原の四本木さんという家を調べとっけの(てください)。」

 「ほれはあー、あのー、…檀家のお寺のぉ、どっかつきあたりじゃあねえんか(ないかな)?」

 「ああ、ほこなら(そこなら)、うらも(わたしも)行ったことあるわの。ほんなら(それならば)、いっぺん行って探してみます。」

 「まちごうたら(まちがえたら)、わりいの(悪いね)。」

 「だんねや(気にするな)。はい、了解。」

 

●タクシーでのお客さんとの会話より●

 「おばあちゃんは、お歳はいくつになったですか?」

 「七十七です。」

 「あ、そう。ほれでも(それでも)、かたそうなげの(元気そうですね)。」

 「ほやって、顔があ、てきなそうでねえやろの(体調が悪そうではないでしょう)。声は、いけえ(大きい)やろの。小っせえ声でも、もぞもぞいうのがきらい。」

 「声が大きいの?」

 「うん。声が大きいの。歩くかって、しゃっしゃっ、しゃっしゃっと、気がせわしねえっちゅうかあ(せわしないというか)、たたーっと歩く。」

 「ほりゃあ(それは)、ばあちゃんらの年代の人は、みんなほうやろのお(そうだろうなあ)。」

 「ほうかのお。」

 

 

●宿場町、上中町での会話から●

hibachi

 「ごめんやす(ごめんください)。」

 「ああ、おいでやす(いらっしゃい)。ようきてくれたな。」

 

 (長火鉢について)

 

 「骨董屋さんがおいでると(いらっしゃると)、これを見て、『ええ台をあげるさかい、これ売っとくれ』いうんやけど、『それは、ようわけんか(それは、できません)』いうとるんやけど……。ははは……。」

 

 上中町での会話に「ごめんやす」「おいでやす」などの京ことばがでてきますが、どうして嶺南地方のことばには、嶺北地方とちがって、関西のことばの雰囲気が強くでてくるのでしょうか?

 それは、地理的に嶺南地方が京都、関西に近いためです。それに、嶺北と嶺南の地域をわける峠が、人の流れをさまたげていたこともあります。

 京都、関西方向では、若狭湾で獲れた魚介類を京都などに運ぶ商人たちがおおぜい出入りするなど、昔から関係が密接でした。

 また、嶺南地方の大部分はかつての「若狭国」です。行政区画としても北が越前、南が若狭と異なっていました。

 それから、近年まで若狭の多くの女性が、しつけをおぼえるために、京都に奉公に出されていました。そのため、男性より女性のほうが京都的なことばづかいを嶺南地方にもちこんだともいえます。

 

 

●大野市の朝市をにぎわす「感謝」のことば●

asaichi

 「これは、さっきもろうたやつやろ。なんともねえ(ありがとう)。」

 「なんとも(ありがとう)、おおきに(ありがとう)。」

 「なんとも(ありがとう)。」

 「ほのかわり(そのかわり)、またきねの(またきてね。)。いやなこっちゃ(ありがとう)、ありがとごいしたー(ありがとうございました。)。」

 

 この会話は、嶺北地方の大野市で聞かれている朝市でのやりとりです。ここでは、いつもお客さんとのなごやかな会話が聞かれます。

 「いやなこっちや」は、「ありがとう」という意味です。これは、相手にとっては「いやなことだろう」という遠慮をふくんだ「感謝」のことばです。

 「いやなこっちゃ」のほかにも、福井県にはつぎのような感謝のことばがたくさんあります。

 「きのどくな」

 「ごめさんです」

 「ごんみょうはんです」

 「なんとものお」

 「おおきに」

 また、文節の最後をゆらすことで相手の反応をたしかめたり、「ほやほや(そうだそうだ)」という相づちのことばもよくつかわれます。

 福井のことばは、つねに相手の立場に立つ謙虚で思いやりのある県民性を表しています。

 

 

最後にいつまでも残したい福井のことばを紹介しましょう。

 

●「ほやほや」 → そうだそうだ

 嶺北地方でよくつかわれることば。相手の話に相づちをうつときに用います。

 

●「てきない」 → 体調が悪い

 「病気で身体がつらい」という意味。「まー、てきのならんよにしなせーのー(病気にならないようにしなさいね)。」というように用います。

 

●「けなるい」 → うらやましい

 「新しい服を買ってもらって、けなるいな。」などというようにつかいます。

 

●「うら・うらら」 → わたし・わたしたち

 自分を表すことば。「うらも行ったことあるわ。」というようにつかいます。

 

●「だんね」 → 気にするな

 もともとは「大事ない」からできたことばです。「だんね、だんね、気にするなよ。」のようにつかいます。

 

●「かたいけの?」 → 元気ですか?

 あいさつのことばです。「かたい」ということばが、じょうぶ・元気を意味しています。

 

●「おちょきん」 → 正座

 「おちょきんする」は、行儀よく「座る」「正座する」ことを意味することばです。

 

●「つるつるいっぱい」 → あふれるほど、いっぱい

 コップなどに水やお酒をいっぱいに入れると、表面張力で表面がふくらみます。その状態をさすことばです。

 

●「じゃみじゃみ」 → テレビ画面の砂嵐状態のこと

 テレビの画面がノイズなどで正常に映らず、ざあざあと砂嵐状態になることです。

 

●「きのどくな」 → ありがとう

 「きのどくなことだった」だろうと、相手の立場に立ってものごとを考えた感謝のことばです。

 

もう、里帰りはしましたか?もしまだなら、夏休みが残っているうちにどうですか?

2018年10月11日

「思い出す」練習していますか?

 

「勉強しているのに点数に繋がらない」という悩みは誰しもが持っています。

そんな人に一回考えてほしいのが、点数に繋がらない最大の理由は、暗記が「覚えること」に留まっていて「思い出せるか」を確認していないことです。

 

例えば、practiceという単語を暗記したいと考えている時に「練習する」という単語の意味を覚えたものの、思い出せるかを確認せずテストに挑めば、当然思い出せるかはわかりません。

一方で、practiceを見てすぐに「練習する」という意味を思い出せることを確認してからテストに挑めば、解けないことはありません。既に思い出せることを確認しているからです。

 

つまり、実際にテストで必要なのは、「覚えている」ことではなく、「思い出せる」ことであるので、いくら覚えていても思い出せなければ点数に繋がりません。 そのことを踏まえると、「何かを覚えたい」と考えた時には常にそれが思い出せるかを確認するようにしないと、いざテストの際に役に立たないということです。

 


amax_x005222041

 

もう少し具体的な進めかたを見ていきましょう。あくまでも一例です。

テスト期間に入ると、教科ごとにテスト範囲が発表されますね。

思い出せるかを確認するには問題を解くのが手っ取り早いです。 教科書の内容を「覚えたか、覚えてないか」の違いは曖昧ですが、ワークや問題集の「問題が解けるかどうか」はすぐに分かるので、覚えたつもりを確実に防ぐことができます。

 

範囲の内容を何回も繰り返すことになりますが、もうすでに「思い出せる」ものに時間をかけていては効率が下がるので、印をつけて区別します。

例えば、問題番号あたりに〇△✕を書き込んで区別してみましょう。鉛筆など消せるものがお勧めです。

 〇 : 問題を見た瞬間に答えや解法が思い出せる。自信あり。

 △ : 正解はしたが、まぐれ。今度正解できるかは不安。

 ✕ : 間違った。

 

 2014-05-17_123710

 

〔1周目〕

不正解、間違った問題は「✕」と書き込んでください。うっかりミスだろうが関係ありません。問答無用です。

 

正解したもののうち、友だちに聞かれたときに解説できるくらい自信を持って答えたものには「〇」と書き込み、2周目以降はこの問題はとばします。できているものに時間をかけたくないからです。

 

たまたま正解したもの。選択問題で偶然「当たっちゃった」ものには「△」を書いてください。自分に正直になることです。大切なのは練習ではなく、本番のテストでできることです。

 

〔2周目〕

範囲が一通り終わったら、2周目に入ります。〇の問題をとばす、つまり、△と✕の問題だけになるので、時間は短くて済むはずです。

前回「✕」だった問題ができたら、✕を消して、〇か△に書き換えてください。もし消えないペンだといつまでたっても✕が残るので、やる気が失せます。モチベーションは大事ですよね。

前回「△」の問題で、もう間違わないという自信があるなら〇に書き換えて次からとばします。まだ不安なら、△△と、となりに追加してください。

 

〔3周目~〕

何度も繰り返すうちに、△△△と3つ以上並ぶようなら、〇に書き換えていいと思います。たまたまとはいえ、3度も思い出せたなら、本番でも思い出せるでしょう。たぶん(笑)。

理想はすべての問題に〇がつくことですが、そこまでが難しい場合でも、少なくとも、✕の問題がすべて△になるまでは繰り返してください。

 

ここまで説明すると、「〇の問題はとばしてしまうけど、もし忘れたらどうするの?」と、心配する人が必ず出てきます。

その気持ちはわかりますが、「そんなものは贅沢な悩みだ」と答えておきましょう。

そんな心配は、できている〇よりも、できていない✕の問題にしてあげてください。✕がすべて消えてからでも十分間に合います。

 

以上の方法はどの科目でも利用できます。中学1年生が初めての中間テストにのぞむ場合でも、大学受験をひかえた高校3年生でも同じです。〇や△のマークはあくまでも一例で、◎でも☆でも好きな印で応用してみてください。

 

漠然として覚えたことは、漠然としか思い出せません。常に自分の力で思い出せるかどうかを問題を解いて確認することが大切なのです。

 

2018年10月1日

カタい頭をヤワラカく・・・(10月)

 空が高く、雲がくっきり見える、すがすがしい季節です。キンモクセイの香りのような甘くさわやかな問題を用意いたしました。

 

oj-car-chase-19941

 

 答えはそのままでは見えないので、「  」の中の色を反転させてください。

 

マウスで始点(又は終点)にカーソルを移動し、マウスの左ボタンを押したまま動かすと、色が変わって見えるようになります。

 

次のカッコで練習してみましょう。

ほら、見えましたね?答えを見る前に、じっくりと考えてみてください。

 

早速、どうぞ。

 

問1 地球上の人々に大きな影響を与えた場合、その行為がよいものであろうと悪いものであろうと、その名は人類の歴史にはっきりと刻まれるはずだ。ところが、これをした者だけは、地球上のすべての人に影響を及ぼすようなことをするにもかかわらず、歴史にその名をとどめることはないだろうという。それはいったいどのような者なのだろうか。

 

 

答え「人類を滅亡させた者。その時点で、もはや歴史がなくなってしまうのだから、当然名をとどめることもない。
歴史は、人間の記録の集合である。現実に起こったことでも、記録がなければ、歴史上には存在しないことになるのだ。 」

 

 

問2 スガワラさんはこのところ商売が好調で、収入も着実に増えている。でも、一日のうちで笑顔を見せる時間が以前より減ってしまったというのだ。仕事上はもちろん、私生活でもなんの悩みもないのだが、いったいどういうわけなのだろう。

 

 

答え「スガワラさんは葬儀店で仕事をしていたのである。”仕事の場”でやたらに笑顔を見せるのは不謹慎であるため、仕事が増えれば増えるほど笑顔が減るのは当然だ。
答を聞けば、「なあんだ」と思うかもしれないが、それでは、コロンブスが卵を立てて見せたときに、「それなら俺にもできる」と言い放った人々と同じだろう。「商売が順調→忙しい→笑顔が減る→仕事中に笑うことができない」と、論理的な道筋をたどっていけば、おのずと解答へとたどり着けるはず。

 

 

問3 パトカーが何台も連なって、街中を猛スピードで走りまわっている。たしかに走っているのは本物のパトカーばかりだし、不審な車を追っている様子もなく、事件現場に向かって急行している様子でもないのだが、いったい何があったのだろう。

 

 

答え「凶悪犯がパトカーを奪って逃走し、数台のパトカーがそれを追いかけていたのだ。
どう見ても不思議なことが、実はひじょうに理にかなっている例はたくさんある。観察力と好奇心をたくましくして、そういった例を日常の中から見つけ出してほしい。

 

 

問4 オイカワさんは、長男夫婦との同居を機に、だいぶくたびれてきた自分の家を建て直した。建物はもちろん、庭から、周囲を囲む塀まで新しいものと替えたのだが、古い家のときとまったく変わらないものがあったという。それは何だろうか。

 

 

答え「住所。いくら家が新しくなっても、住所は古い家のときとまったく変わらない。
「オイカワさん自身」「土地」「場所」などの答も考えられるが、客観的に明らかに変わっていないことがわかるという点で、住所にまさる答はないだろう。

 

 

問5

次の七つの漢字の中で、仲間はずれのものが一つだけあるのだが、
それはどれだろうか。


  加  功  知  化  外  刈  仁

 

 

答え「「知」。ほかの漢字は、左右ともにカタカナとして読める。
     加 → カ、ロ
     功 → エ、カ
     化 → イ、ヒ
     外 → タ、ト
     刈 → メ、リ
     仁 → イ、ニ

 

 これから朝夕冷えてまいりますので、体にはくれぐれもお気をつけください。

2018年9月5日

UIゼミナール建もの探訪(福井東校編)

 今回は業界有数の歴史を誇るUIゼミナール福井東校を訪れました。

P1010769

駅からほど近い、福井市御幸に校舎を構えるUIゼミナール福井東校。

屋外から、すでにワタナベさんの興味は尽きない。

「では、お入りください」と、招き入れようとしたところ、ワタナベさんは足を止めた。どうやら屋外の看板が気になるようだ。
ワタナベさんは「こういうのを見るとさ、建物に入る前からワクワクするよね!」と期待で胸を膨らませた。

P1010771

ワタナベ「入り口に、こんな立派な看板があるなんて珍しいですね。」

※「?・・・あ、ありがとうございます。気に留めていただいて光栄です。だけど、珍しいですか?他にもけっこう看板が見えますよ?」

ワタナベ「完成したデザインを見て、こうやって感想を言う我々はいい身分だよ。これを作った職人さんはたいへんだよ。どうやって作ったんだろう?」

※「・・・?え、どうやって?・・・すみません、今度までに調べておきます・・・」


P1010772

外観を見て、あれこれ想像を膨らませる渡辺さん。建築物ファンなのがよくわかります。

ワタナベ「いいね~、うれしくなっちゃうね~。ドアのフレームはガルバリウム鋼板ですか?上はエキスパンドメタルかな?」
※「!!ガ、ガルバ・・?・・・すみません、勉強不足で・・・素材は勘弁してください・・・」


 そして、いよいよ建物内へ。

P1010774

ドアを抜けると、ワタナベさんが階段に目を輝かせた。一見、よくある階段のようだが、渡辺さんの眼には特別に映ったそうだ。

P1010775

「こういう階段は好きだなぁ。どうしても誘われちゃうよね!」と、階段をあらゆる角度から入念にチェックする。設計した建築家の意図を読み解きながら建物を散策するのが、ワタナベ流の楽しみ方だ。

P1010777

ようやく階段を上ったところで、「この掲示板はすばらしい!」と足を止めるワタナベさん。硬いメタルと柔らかいウッド、相反する素材でデザインされた掲示板にいたく感動している様子だ。

ワタナベ「味わいがありますね~。これはガルバリウムですか?」

※「・・・ワタナベさん・・・ガルバリウムって言いたいだけじゃないですか?」


P1010785

とても広い廊下には、隅々まで陽の光が差し込む。ギャラリーのような廊下を通った後に最初の教室が見えてくる。

P1010779

 

P1010780

ワタナベ「失礼します。ここはなんでしょう……ほほぉ……203教室ですね。」

P1010781

ワタナベ「いやぁ、非常にシンプルですばらしい。派手な飾りをしないで、出来るだけシンプルに、それでいて訴えかけてくるものがあるじゃないですか。壁の色も落ち着いた色で、なにより全体の調和がすばらしい。」

ワタナベさんが注目したものは……

じつは渡辺さん、椅子に関してはかなりコダワリを持つ人物なのである。気になる椅子は、必ず座って確かめる。

ワタナベ「趣のある椅子ですね~」

※「ワタナベさん・・・好きですね、椅子・・・全部に座るおつもりですか?」

P1010782

 

P1010784

続いては福井東校でもっとも広い202教室に移動。

この部屋は自習室ではあるが、よくある白く硬い壁に覆われた部屋ではない。木材がふんだんに使われた温かみのある講堂のような空間だ。

P1010783

「装飾がないから、ここは居心地がよいのかもしれない。入り口から入っただけなのに、すでに何かが生まれそうな空間です」と、ワタナベさん。

P1010776

そして建物を後にするときでも、もっとも注意深く見ていたのは階段だった。階段という当たり前のものだからこそ、そこに住まい、働く人の空気がにじみ出てくるのかもしれない。

 福井東校の階段は日が差し込む明るい場所が多く、「単なる階段でもしっかり考えて設計されている。階段を昇り降りしているときも、ホッとできていいよね」とワタナベさんは語る。

 

中にはお気づきの人もいらっしゃるでしょうが、「ワタナベさん」なる人物は実在しておりません。

「日本でもっとも有名な建もの探訪者、ワタナベさんといっしょに見学している」かのように楽しんでいただけたら幸いです。

 

また、UIゼミナールでは随時、「無料体験学習」を受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

2018年9月5日

蚊は血なんかすいたくない

 

thumb-12199-062973-entame

 

 人間にとって宿敵ともいえる蚊。しかし蚊は、血だけをすって生きているわけではありません。

 

 かれらはふだん、花の蜜や樹液を主食にしています。血をすうのはじつは産卵前のメスだけ。卵をうむために栄養豊富な血を必要とするのです。

 

 血をすうと、体が重くなりコウモリなどに食べられる危険性が高まるほか、消化のためにじっとしていなければならないなど、いいことばかりではありません。

 

 しかも、蚊というだけで人間は問答無用でつぶしにかかってきますから、いちばん災難なのは、決して血をすわないオスでしょう。

 

852438_615

 

 

 名前 ヒトスジシマカ

生息地 熱帯から温帯の森林

大きさ 体長4.5mm

 特徴 デング熱やジカ熱などの伝染病を広める

2018年9月1日

カタい頭をヤワラカく・・・(9月)

 

9a1a1f10-a822-4d5f-9358-d39d4eb79c0c

 

 朝晩はだいぶ過ごしやすく感じられるようになりました。 少しずつ日暮れの時間が早くなり、秋の気配を感じます。秋の夜長にじっくり考えられる問題を用意いたしました。

 

 なお、答えはそのままでは見えないので、「  」の中の色を反転させてください。

 

マウスで始点(又は終点)にカーソルを移動し、マウスの左ボタンを押したまま動かすと、色が変わって見えるようになります。

 

次のカッコで練習してみましょう。

ほら、見えましたね?答えを見る前に、じっくりと考えてみてください。

 

早速、どうぞ。

 

 

問1 友人にお金を貸してくれと言われたハラダさん、気前よく、言われた額の百倍ほども貸してあげたのだが、すこしも喜ばれなかったという。なぜだろう。

 

 

答え「そのとき、友人は自動販売機に使う百円硬貨が必要だったから。大は小を兼ねるというが、兼ねない場合もあるということだ。 」

 

 

 

問2 誰かに読んでもらうために書くのだが、実際に誰が読んでくれたか確認できないものは。

 

 

答え「遺書。これだけの情報量からうまく真相を解明できただろうか。落書きや張り紙の場合は、誰が読んだかどうか努力すれば確認できる。

 

 

 

問3 次の□には何が入るだろう。

   禁煙 = 記念

   親愛 = 市内

   文案 = 無難

   簡易 = □

 

 

答え「蟹。いずれもローマ字で書くと同じ綴りになるものだったのだ。

   禁煙 = 記念 KINEN

   親愛 = 市内 SHINAI

   文案 = 無難 BUNAN

   簡易 = 蟹  KANI

文字面に惑わされなかっただろうか。音読する習慣のある子供のほうが、はやく分かったかもしれない。

 

 

 

問4 タカダさんの住んでいる町には、徒歩で十分ほど離れた位置にAとB、二つのコンビニエンスストアがある。住宅地に近いA店のほうがサービスも品揃えも価格も駅前のB店より勝っているのだが、タカダさんの町の人が、たいていはB店で買うものがあるという。それはいったい、どういうものなのだろう。その商品は、もちろんA店でも売っているし、しかもすこし安いというのだが。

 

 

答え「傘。外出するときに雨が降っていれば、自宅から傘を持って出かける。帰りに雨が降っていて、傘がなければB店では買うが、A店まで歩いてから買ってもあまり意味はない。

 

 

 

問5 縦に5列、横に6列となっている計30個の小片に分かれている一枚の板チョコがある。さて、この板チョコを30個のバラバラの小片にしたいのだが、最低何回割らなければならないか。ただし、一回割るというのは、縦または横に一筋に割ることをいい、また、二枚以上重ねて一度に割らないことにする。

 

 

答え「29回。割り方に関係なく、一回割るたびにチョコレートの板の枚数は一枚ずつ増えると考えればよい。一回割ると2枚になり、二回割ると3枚になる。最初に1枚のチョコレートがあるわけだから、割る回数は、小片の数より1だけ少ない回数となる。

 

 

 

秋の長雨に体を冷やさぬよう、お気をつけください。