2019年6月17日

外国語のおべんきょう

 

 

これからのシーズン、海外旅行に出かける機会も増えることでしょう。いざそうなったときに困らないように、ここで外国語のおべんきょうをしてみましょう。

 

まずは旅の基本中の基本、「あいさつ」からです。

 

朝にはもちろん「おはよう。」

g-01

 

 

そして、昼には「こんにちは!」

g-02

 

さすがに知っているのも多いですね。ロシア語が少し厳しいかな・・・

 

旅のときだけでなく、どんなときでも「ありがとう。」は欠かせませんね。

g-03

 

 

自分を表す「わたし」は

gazoo_04

 

そして、相手を指す「あなた」は

gazoo_05

どうです? 「意外に知っているなぁ」ですか? それとも「??初めて見るなぁ」ですかね?

 

ちなみに、「ともだち」は

gazoo_06

英語やスペイン語はおなじみですよね。

 

さあ、どんどんいきましょう。

「お父さん・お母さん」は

gazoo_07

中国語が少しイメージと違っていました。そうだったんだ~って感じですかね。

 

 

型にはまったことばが多かったので、もう少し実戦的にいきましょう。

 

例えば、旅先でどうしても「犬」が見たい場合。道行く人に鳴き声つきでジェスチャーしますよね?

dog

gazoo_08

ここでも中国語が身近に感じますね。

 

どうしても「にわとり」が見たくなったら

cock

gazoo_09

英語は有名ですよね。実際にそう聞こえたことは一度もありませんが・・・

 

どうしても「ヒツジ」が見たい人は

sheep

gazoo_10

おすすめはフランス語、ロシア語、スペイン語バージョンです。やはり多数派は強い。

 

どうしても「ネズミ」が見たい場合は少し大変です。

mouse

gazoo_11

どの言語を使ってもかまいませんが、かなり技術を要するでしょう。事前練習が欠かせませんね。

 

また、機会があったら紹介しますね。

それでは「さようなら。」

gazoo_13