2018年2月20日

ホッキョクグマの毛がぬけると、肌は黒い

 

 雪のように白いホッキョクグマですが、その毛の下の肌はツヤのない黒です。かれらがすむ北極はとても寒いので、太陽の熱をたくさん吸収できるように黒くなったと考えられます。

 

polarbear05-560x315

 

 また、毛の色もじつは白ではありません。実際はガラスのように透明で、光をきらきら反射するため白く見えているのです。毛はストローのように中が空洞で、そこに温かい空気をためこんで、寒さから身を守っています。


 しかし、毛に空洞があれば、よごれも入りこみます。夏などには体から出たよごれや脂でシロクマならぬキグマになってしまうこともあるようです。

 

7013ac4e

 

 名前 ホッキョクグマ

生息地 北極圏の氷上

大きさ 体長2.5m

 特徴 陸上で最大の肉食動物