2019年5月7日

ナマケモノのおやつは体に生えたコケ

 

e4dd79e58c131b27611ff5c37a0289790cfd7631

 

 動物界のキング・オブ・なまけ者が、ミユビナマケモノ。そのなまけっぷりは、朝から晩まで同じ木の上で丸まったまま動かず、食事は葉っぱを1日1~2枚、地上に下りるのは8日に1回うんこをするときだけという徹底ぶりです。


 あまりに動かないので、体毛にはコケまで生えています。しかも、このコケをおやつがわりにして、タンパク質をおぎなっているというのです。


 まわりのジヤングルには、いくらでも植物があるのに、すぐに舌がとどく体のコケを食べるなんて、さすがなまけ者の王は目のつけどころが違います。

 

5ba2fd47

 

 名前 ノドチャミユビナマケモノ

生息地 中央アメリカから南アメリカにかけての森林

大きさ 体長60cm

 特徴 朝は体温を上げるため、木の上のほうで日光浴をする