2019年6月8日

ティラノサウルスは肉の食べすぎで病気になった

 

 福井らしさ全開のご当地ナンバープレート。時々見かけますね。

 

gotouti

 

 

 では、その「恐竜」にひっかけて・・・最強の肉食恐竜として有名なティラノサウルス。

しかし、その化石からは「痛風」で骨が変形したようなあとが見つかっています。

 

 

 痛風とは、足の関節などがはれる病気。レバーなどの内臓肉を食べすぎると、「尿酸」という物質が体にたまり、歩けないほど痛くなります。

ライオンなどの肉食獣は尿酸を分解できるので痛風にはなりませんが、恐竜はそれができなかったのです。

 

 ビールの飲みすぎでもなるため、現代では痛風に苦しむおじさんもたくさんいます。史上最強とおそれられるティラノサウルスも、じつはお酒好きのおじさんと同じ病気で悩んでいたのですね。

 

jura

 

 

  名前 ティラノサウルス(絶滅種)

 生息地 北アメリカ

 大きさ 全長13m

  特徴 鳥のような羽毛が生えていたという説もある

 

umou